物忘れ・認知症には?

物忘れ・認知症を防ぐには

物忘れや認知症は、老化により引き起こされやすいです。つまり老化を防ぐことが一番重要です。

運動・バランスのとれた食事・手足をよく動かすこと・ストレスをためないことなどが日常生活でできうることです。

しかし実際には食生活の欧米化などにより、寿命が延びたにもかかわらず、様々な問題が増えております。

その一つが物忘れや認知症のような症状です。

これらの症状を防ぐためには日常生活における注意だけでは、防ぐことが困難であることが現状です。

老化とは失うことであると考えられます。つまり筋力・体力・記憶力・知力・判断力などの様々な力です。

これらの失う速度を遅くしたり、現状を維持・推進するためには、様々な生命エネルギーで補う必要がございます。

それらを可能にするものが漢方薬やそれらの原料となりうるものです。

四診に加えお客様の体質・状態を鍼灸・中医学的考察を基にした独特の方法にてパソコンで分析し、プリントアウトしたデータから食養生・漢方薬ご服用についてお客様にご説明いたしましてお渡しいたしております。

ご興味のあるお客様はぜひご連絡・メールなどお問い合わせいただければと思います。

物忘れは何故おこるのでしょうか?

中医学的には老化腎虚と呼ばれる症状が主であると考えられます。しかし原因はこれだけではございません。

血流の停滞や遺伝なども関与すると言われております。

最近のご相談では甲状腺機能の低下が原因による記憶力の低下もございました。

甲状腺低下体質によい漢方薬と健康食品などを御服用いただくことにより、記憶力も上がり始めたということもございました。

西洋医学的には以前から一度死んでしまった脳神経幹細胞は再生しないといわれておりましたが、じつは再生することがわかってきております。

補腎活血(腎を補い血流をよくする)しながら、脳神経幹細胞の再生を促すことで、記憶力・物事の判断能力、お仕事の段取りなどがとてもよくなります。

ご自身の物忘れが多く、認知症では?とご心配の方、病院では老化と判断された方など、ぜひご連絡いただければと思います。

個人により体質が異なるために、全てこちらに記述することができません。ご興味のある方はぜひご相談ください。