泌尿器の症状

以下に泌尿器科の症状の中医学的分類など一部記述いたしました。
これら以外の症状でもご相談いただければと思います。

四診に加えお客様の体質・状態を鍼灸・中医学的考察を基にした独特の方法にてパソコンで分析しプリントアウトしたデータから食養生・漢方薬ご服用についてお客様にご説明いたしましてお渡しいたしております。

ご興味のあるお客様はぜひご連絡・メールなどお問い合わせいただければと思います。

小便不通

中医学的に排尿困難は小便不通といいます。膀胱からの小水の排出が困難であることを指します。
以下のように中医学的症状分類致しました。

1.湿熱下注の小便不通
排尿困難・頻尿・尿意促迫・排尿時灼熱痛・口苦・排便がすっきりしない・舌質は紅・舌苔は黄

2.肺気郁滞の小便不通
尿閉・胸苦しい・咳嗽・呼吸促迫・息苦しい・便秘・舌質は紅あるいは淡紅・舌苔は白あるいは薄黄

3.脾虚下陥の小便不通
排尿困難・疲れやすい・息きれ・食欲不振・腹部膨満・下腹部の下墜感・泥状便・舌質は淡・舌苔は薄白

4. 腎気不足の小便不通
排尿の力が弱い・頻回な尿意があるが出にくい・腰膝がだるく痛む・手足が冷える・排尿の力が弱い・舌苔は薄白

5.肝気欝結の小便不通
尿閉あるいは尿が出にくい・ゆううつ・イライラ・怒りやすい・胸脇部が張る・眠りが浅い・多夢・口苦・舌質は紅・舌苔は薄黄・

6. 血オ・砂石の小便不通
尿閉あるいは排尿にムラがある・下腹部下墜感・舌質は紫暗・舌苔は白で微黄・排尿時痛む・腹部に異物感

小便頻数

中医学的には頻尿は小便頻数といいます。
尿の回数が増加することをいいます。
下記に中医学的分類ございます。ご参考下さい。

1. 湿熱下注の頻尿
頻尿・尿意促迫・灼熱痛・尿が混濁し濃く少量・口乾・口粘・下腹部が張る・便秘・発熱・悪寒・舌質が紅・舌苔黄

2. 肺脾気虚の頻尿
頻尿・尿量多・遺尿・尿失禁・口唇が淡・咳・唾・よだれ・頭のふらつき・息ぎれ・冷える・元気がない・食欲不振・泥状便・舌質は淡・舌苔が白

3. 腎陰虚の頻尿
頻尿・尿量減少・めまい感・耳鳴り・口喉の乾燥・頬紅潮・唇が赤い・不眠・腰膝だるく無力・身体の火照り・寝汗・便硬・舌質紅

4. 腎気不固の頻尿
頻尿・遺尿・尿失禁・顔面白色・頭のふらつき・耳鳴り・息切れ・呼吸困難・腰膝だるく無力・四肢の冷え・舌質淡

夜間多尿

夜間多尿は夜間尿の回数と量が増えることをいいます。夜2~3回以上又は1日の尿量の1/4を超えることをいいます。
以下に中医学的な症状分類記述致しました。ご参考下さい。

1. 腎陽虚の夜間多尿
夜間の頻尿と尿量増加・排尿後の余レキ・進行すれば尿失禁あるいは遺尿・耳鳴・聴力低下・腰膝のだるさ・滑精・早漏・舌質が胖・舌質が薄白・冷える

2. 脾腎陽虚の夜間多尿
夜間の多尿と尿量増加・寒がる・四肢の冷え・頭のふらつき・耳鳴・疲れやすい・元気がない・腰膝がだるく無力・食欲不振・泥状便・舌質は淡で胖・舌苔が白

小便失禁

中医学的には尿失禁は小便失禁といいます。
日中、夜間に関係なく意識下で小水を漏らし自制できないことをいいます。
以下に中医学的分類について記述致しました。ご参考下さい。

1. 腎陽虚の尿失禁
回数、量ともに多い尿失禁・顔色が白い・倦怠無力感・腰背部がだるく無力・四肢の冷え・滑精・早漏・インポテンツ・舌質は淡で胖かつ歯痕がある・舌質が薄白

2. 肺脾気虚の尿失禁
頻繁な尿失禁・咳・呼吸困難・元気がない・疲れやすい・食欲不振・泥状便・食後の腹満感・舌質が淡・舌苔が薄。

3.膀胱湿熱の尿失禁
尿失禁・尿量少濃・尿が滴下してスムーズに出ない・尿道の灼熱性疼痛・下腹部の圧迫不快感・口苦・口乾・舌質が紅。

4.肝腎陰虚の尿失禁
尿失禁・尿量少濃・排尿がスムーズでない・頭のふらつき・耳鳴・両頬の紅潮・腹部の鈍痛・脇部の鈍痛・腰膝がだるく無力・体の熱感・寝汗・手足のほてり・便がすっきり出ない・舌質が紅・舌苔が少ない

遺尿

中医学的には寝小便は遺尿といいます。
夜間睡眠中に尿を漏らすことで小児に多いです。
中医学的症状分類を下記致します.ご参考下さい。

1. 腎陽虚の寝小便
睡眠中に漏らす尿失禁・顔面白色・四肢の冷え・腰膝がだるく無力・頻尿多尿・舌質が淡。

2. 腎陰虚の寝小便
睡眠時尿を漏らす・尿濃量少・頬紅潮・唇が赤い・微熱感・寝汗・夢精・舌質が紅・舌苔が少ない

3. 脾気下陥の寝小便
過労すると寝小便・疲れやすい・息ぎれ・物を言うのがおっくう・横になりたがる・少食・食後膨満・脱肛・子宮下垂・舌質が淡・舌苔が少ない

4. 肺陽虚の寝小便
睡眠時尿もらす・唾やよだれが多い・疲れやすい・身体が冷える・舌苔が白。

尿血

血尿は尿に血液が混ざることです。
紅色を呈するか、血塊が混じる状態をいいます。
中医学的症状分類を下記致します.ご参考下さい.

1.湿熱下注の血尿
紅色の血尿・尿量少・排尿時灼熱痛・排尿困難・下腹の脹り・発熱・口苦・口咽乾燥・舌質が紅・舌苔が黄。

2.肝胆湿熱の血尿
血尿・血濃少量・発熱・口苦・口渇があり水分を欲しない・腹部膨満・悪心・嘔気・脇肋部の疼痛・黄疸・舌辺が紅・舌苔が黄。

3.心火の血尿
濃赤血尿・排尿時灼熱感・顔面紅潮・咽乾燥・口内炎・口渇冷飲・胸悶・睡眠が浅い・舌質が紅・舌苔が黄。

4.腎陰虚の血尿
鮮紅血尿・頭のふらつき・耳鳴・口咽の乾燥・頬部紅潮・寝汗・微熱感・夕方発熱・元気がない・不眠・便秘・舌質が紅・舌苔が少ない。

5.脾腎両虚の血尿
淡紅血尿・顔色萎黄・元気がない・疲れやすい・息切れ・頭のふらつき・耳鳴・食欲不振・泥状便・腰膝がだるく無力・舌質が淡・舌苔が薄白。