血糖下げよう

糖尿病について

糖尿病はインスリンの分泌障害(インスリンが出にくいまたは出ないもの)と、インスリン作用障害(インスリンが出ているが何らかの原因で効果の出ないもの)に分けられます。

Ⅰ型糖尿病は生来膵臓の働きが悪く、インスリン分泌がほとんどないまたは全くないもの

Ⅱ型糖尿病は一般的に30歳以上の方がなりやすい糖尿病です。現代飽食に由来する肥満などから生じる糖尿病です。

つまり栄養過多などによる体調障害がなければ自己でインスリン分泌による血糖調整が可能である方を指します。

四診に加えお客様の体質・状態を鍼灸・中医学的考察を基にした独特の方法にてパソコンで分析しプリントアウトしたデータから食養生・漢方薬ご服用についてお客様にご説明いたしましてお渡しいたしております。

ご興味のあるお客様はぜひご連絡・メールなどお問い合わせいただければと思います。

糖尿病の恐ろしい理由

それは中医学でいう「オ血」の症状が顕著に現れるからです。

現代的には3大合併症(腎障・網膜障害・末梢神経障害)という呼び方になりますがこれらは中医学的に正に「オ血」を指します。

腎臓動脈硬化による腎不全からの透析、眼血管障害・網膜障害による眼底出血による失明、末梢血流障害・神経障害による四肢末梢の壊死による切断などが恐れられる理由となります。

糖尿病の症状

症状としては、口渇・多飲・多尿・全身倦怠感・易感染(風邪や病気になりやすい)・手足末端の痺れ・こむら返り・視力障害・インポテンツ、特に体重減少・月経不順・陰部掻痒感などはとても起こりやすい症状です。

また動脈硬化による神経障害から「無痛性心筋梗塞」を生じやすいため注意が必要です。

糖尿病の診断(西洋医学における)と治療方法

まず、下記3つの症状の中から1つに該当すると「糖尿病型」と診断されます。

1:随時血糖値 200(mg/dl)以上
2:空腹時血糖値 126(mg/dl)以上
3:75gOGTTで2時間値 200(mg/dl)以上

この後、別の日にこの1~3のいずれかを満たす場合は糖尿病と診断されます。

また一度「糖尿病型」と診断され、下記条件の一つを満たす場合も糖尿病と診断されます。

1:多飲・多尿・口渇・体重減少や他に糖尿病の特徴的症状を示したとき
2:ヘモグロビンA1cが6.5%以上であるとき
3:糖尿病性網膜症のあるとき
4:糖尿病型の既往歴のあるとき

糖尿病の診断により、西洋医学では、食事療法・運動療法・薬物療法を中心に対処します。

Ⅰ型糖尿病ではインスリン投与が必須となります。

一吉漢方薬局の糖尿病対応

中医学に基づく対応を行います。

中医学では三焦(さんしょう)という考え方があり、上焦・中焦・下焦の三つによる重症度の区別により対応いたします。

・上焦とは文字通り胸から上をさし、臓として肺・心が当てはまります。
・中焦とは文字通り胃の周辺近辺をさし、臓として脾が当てはまります。
・下焦とは文字通り胃から下の腎臓付近の高さ辺りをさし、臓として肝と腎が当てはまります。(肝に関しては西洋医学と考え方が異なります。)

五臓である肺・心・肝・脾・腎に関しての考え方は独特の機能としての考え方が中心であり、少し混乱されるかもしれません。

ご質問などがあれば、メールなどいただければと思います。ご了承下さい。

上焦に及んだ糖尿病の対応

上焦に及んだ糖尿病の症状は、初期・軽度・糖尿病予備軍なども含めた比較的初期的症状を指します。

中医学では糖尿病に関する上焦の臓は「肺」です。

中医学における肺の機能の一つに「宣発と粛降」(せんぱつとしゅっこう)があります。
これは呼吸運動とある程度の水分代謝を指します。さらにこの機能には呼吸器としての働きだけではなく、外敵から身を守る免疫防衛機能もあり、皮膚など体表の最前線の支配も行っていると考えられております。

肺に影響が及ぶと、糖尿病として口渇・多飲・皮膚の痒み・何となく便が硬いなどの症状が出ることが多いです。

この段階では食事療法・運動療法・漢方薬などの自然療法で血糖値・ヘモグロビンA1cなどが改善することが多いです。

空腹時血糖120mg/dl・随時血糖値が200mg/dl周辺やその前後の方にこれらの症状が出やすいです。

夜の食事の遅い方・サラリーマンで毎日お酒を飲まれる方・脂物や甘いものがお好きな方などで睡眠時間が5時間以内の30~50歳の方に多いです。

当店では食生活の改善・軽度の運動療法に加え、血糖が下がられても、一度体質として染み付いたものは再発しやすくなっておりますので、体質ごと改善し将来にもご安心いただける漢方薬・健康食品・自然薬をお勧めいたしております。

お悩みの方はご相談いただければと思います。

症例と対応の「症例と検討3」に軽度糖尿病の症例記述いたしました。ご覧いただければと思います。

中焦に及んだ糖尿病の対応

最近飽食の傾向にあり、中焦症状も増加しております。

中医学における糖尿に関連する臓腑は「脾と胃」です。これは大きく消化吸収に関する臓腑であるとお考え下さい。

糖尿病では「多食」が最も多い特徴です。この中焦が犯され始めると、体の痩せ、便秘などが生じることが多いです。

上焦と中焦の糖尿の特徴が同時に現れることも少なくありません。

中焦に至る糖尿病は食事が過剰になりやすく、より厳格な日常管理と規則正しい生活が必要になります。

特に適度な運動・カロリーを考慮した食事・血流を良くする漢方薬や健康食品の摂取などは糖尿病の増悪を防止するために必須といえます。

お悩みの方はご相談いただければと思います。

中医学的に清熱生津(せいねつしょうしん)を基本とした対応をいたします。

症例と対応の「症例と検討3」に中度糖尿病の症例記述いたしました。ご覧いただければと思います。

下焦に及んだ糖尿病の対応

下焦の糖尿病に関する臓は「腎」です。

中医学的に腎は大儀としてホルモン系を指します。腎には体内水分の調整作用があるため、ここに症状が至ると多尿症状が現れます。夜間尿の増加・頻尿・多尿・尿濁・夢精・耳鳴り・物忘れなどの症状が現れやすくなります。

さらに悪化すると、今度は尿が少なくなり、糖尿病性腎症による透析に繋がります。

中医学では悪化を防ぐために、「補腎」を中心とした対応をいたします。

ここに至ると、日常生活・食生活・運動療法などの厳格な管理が必要です。

またこれ以上の悪化を防ぐために、漢方薬や健康食品の摂取をお勧めいたします。

お悩みの方はご相談いただければと思います。

症例と対応の「症例と検討3」に重度糖尿病の症例記述いたしました。ご覧いただければと思います

糖尿病は遺伝も大きく関与

糖尿病体質の改善には、糖尿病は遺伝も大きく関与していることがいわれております。

現代はストレス社会で残業やお付き合いも多く、不規則な生活に陥りやすいです。

1日6時間以上の睡眠・適度な運動・適度な食事・ストレス解消などを行うことで、予防することができます。

しかしこれらを日常生活で実践することは困難です。

40歳以上になると最低限食事には注意していくことは必要であると思われます。

ご家族のいる方は特に予防的な考え方が重要です。

糖尿病性眼症による失明・腎症による透析・末梢神経障害による切断を避けるためにも、日常的に漢方薬・健康食品にて「お血」にならないように注意し、2次的に生じる脳梗塞や心筋梗塞などを避けていく必要があります。

糖尿病体質では「癌」にもなりやすくなります。

毎日の健康管理を「未病」の概念で実践してみませんか?

ご質問・ご興味のある方はぜひメールやご連絡お問い合わせいただければと思います。
ご質問に誠意を持ってお答えいたします。

一吉漢方薬局 吉田 優平