痛みとリウマチの症状

以下に痛みの症状の中医学分類について一部記述いたしました。
これらの症状以外でもご相談いただければと思います。

四診に加えお客様の体質・状態を鍼灸・中医学的考察を基にした独特の方法にてパソコンで分析し、プリントアウトしたデータから食養生・漢方薬ご服用についてお客様にご説明いたしましてお渡しいたしております。

ご興味のあるお客様はぜひご連絡・メールなどお問い合わせいただければと思います。

慢性関節リウマチ(RA)痛

慢性関節リウマチには様々な痛みがございます。
痛みの具合は初期から進行後まで異なります。
初期には朝のこわばりのみなどで痛みを伴わないことも多数ございます。
この病気の厄介なところは自己免疫による自己攻撃である点です。
外敵ではないため、治療が困難で、完治しにくいのはそのためです。

1:1時間以上続く朝のこわばり
2:関節炎が3関節領域以上に存在
3:手関節の関節炎
4:対称性関節炎
5:リウマチ結節
6:血清リウマトイド因子
7:X線上の変化

以上の7項目の中で4項目以上該当するものが慢性関節リウマチと判断されます。
西洋医学では、非ステロイド鎮痛薬・遅効性薬物・ステロイド・免疫抑制剤などが用いられます。

西洋薬を短期的にご服用されることで痛みが軽減される場合、漢方薬や自然療法との併用がお勧めです。

痛みがなくなった際、リウマチ反応が減少して正常値にあるときなどは西洋薬を中断したりすることもございます。

その際体質改善により痛みが出にくいように考慮していくことも可能です。

漢方薬的なものでも西洋薬にくらべて副作用の少ない・ほぼ副作用のない免疫抑制機能のあるものもございます。

以下に当店における中医学的分類と対応について記述いたしました。ご参考いただければと思います。

[弁証分型]

1.風邪阻絡のリウマチ痛(行卑)
遊走性の痛み、手指・肘・膝・踝などに出やすい、関節屈伸障害、悪寒、発熱、関節痛、舌苔は薄。

2.寒邪阻絡のリウマチ痛(寒卑)
冷えにより悪化する固定した関節痛、温まると軽減、寒い、悪寒、

3、湿邪痰濁阻絡のリウマチ痛(着卑)
重だるい固定性関節痛、天気の悪い日に悪化、皮膚のしびれ、長期化で関節変形し動かない、舌苔白

4、熱邪阻絡のリウマチ痛
四肢関節の発赤腫脹熱感のある関節痛、めまい、発熱、口渇、耳鳴り、煩躁、舌質紅、

5、湿熱阻絡のリウマチ痛
関節が発赤腫脹し重だるい関節痛、尿濃、皮膚の紅色結節、舌色紅、舌苔黄厚

6、気血両虚のリウマチ痛
疲労により関節痛増強、筋肉弱い、顔面蒼白、息切れ、めまい、貧血感、汗、舌淡

7、オ血のリウマチ痛
固定性の関節刺痛、肌膚交錯、やせる、関節変形・拘縮、月経時悪化

8、肝腎両虚のリウマチ痛
筋肉や関節が弛んで痛む、めまい、頭のふらつき、腰痛、膝がだるい、聴力減退、脱毛、歯の動揺、インポテンツ、遺精

大まかな分類ですが記述いたしました。

これらに当てはまらない方、ご興味のおありの方など、メール・ご連絡・ご相談いただければと思います。

続きまして当店での対応について記述いたします。

当店での対応はあまりに痛みの強い場合などには3~6ヶ月のご服用をお勧めいたしております。

CRPやRA因子などの結果も人体のリズムに影響されます。

この場合お時間をいただき対応することもございます。

風邪阻絡のリウマチ痛には・・・
遊走性の痛みはカゼにより悪化しやすいです。風邪を抑える方法と免疫抑制作用のある漢方薬を併用いたします。
経穴療法と漢方薬では自家製剤が中心となります。

寒邪阻絡のリウマチ痛には・・・
冷えると悪化いたします。お体をよく温める必要がございます。寒邪を除く方法と免疫抑制作用のある漢方薬を使用いたします。

漢方薬自家製剤内服と漢方入浴剤や経穴施術による外用とで対応いたします。

湿邪阻絡のリウマチ痛には・・・
ビールや湿気をためる甘いもので痛みが増加いたします。
体内にある痛みの原因の湿気を除く方法と免疫抑制作用のある漢方薬などを併用いたします。
経穴と漢方薬自家製剤やヨクイニン湯を用います。

熱邪阻絡のリウマチ痛には・・・
まず関節の発赤・腫脹を除く必要がございます。
炎症部を冷却し痛みに効果のある方法と免疫抑制作用のある漢方薬などをご服用いただきます。
経穴療法と漢方薬自家製剤や桂芍知母湯などを用います。

湿熱阻絡のリウマチ痛には・・・
湿邪・熱邪のリウマチ痛の記述をあわせた対応となります。

気血両虚のリウマチ痛には・・・
お体の気と血を補う自然療法に免疫抑制作用のある漢方薬などを併用いたします。
経穴療法と漢方薬自家製剤や大防風湯などを用います。

オ血のリウマチ痛には・・・
血流を改善し、関節の変形を予防・進行させないような自然療法や免疫抑制作用のある漢方薬などを併用いたします。
経穴療法と漢方薬自家製剤や血腑逐オ丸などを用います。

肝腎両虚のリウマチ痛には・・・
肝腎を補い、骨や筋肉を壮健にすることで、リウマチ痛や進行を止めるように働きかけます。
自然療法と免疫抑制作用のある漢方薬などを併用いたします。
経絡経穴療法と漢方薬自家製剤や活絡健歩丸などを用います。
慢性関節リウマチ痛には根気のある養生対応が必要です。短期間では結果の出にくいこともございます。

お客様のご希望になるべく沿うように対応いたしております。
ご興味のある方などは、メール・お電話・ご来店にてご相談いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

頭痛

頭痛には様々な頭痛があります。
偏頭痛・緊張性頭痛・疲労性頭痛など様々です。
以下に中医学的症状分類について記述致します。ご参考下さい

[弁証分型]

1.風寒頭痛
後背部の締め付けられるような頭痛、冷たい風や冷やすと悪化、首や頭を冷やしたくない、悪寒、発熱、関節痛、舌苔は薄。

2.風熱頭痛
張る感じの頭痛、温まると悪化、発熱、少しの悪寒、眼の充血、喉の痛み、舌苔は薄黄

3、風湿頭痛
締め付けられる頭痛、天気の悪い日に悪化、胸痞え、食欲不振食後膨満、軟便、重だるい、尿量減少、舌苔白

4、肝陽偏コウ頭痛
側頭部を中心とした頭痛、めまい、イライラ、怒りにより悪化、耳鳴り、不眠、脇の痛み、顔面紅潮、舌質紅、

5、気虚頭痛
空虚感のある頭痛、疲れで悪化、疲れやすい、食欲不振、息切れ、軟便

6、血虚頭痛
しくしく痛む頭痛、ふらつき、動悸、不眠、眼の乾燥、眼のかすみ、顔色が白い、舌色薄い

7、血オ頭痛
固定性で強い頭痛、外傷等によることもある、舌紫

8、痰湿上ユウの頭痛
頭のぼんやり感、めまい、胸苦しい、胃の痞え、吐き気、食欲がない、嘔吐、舌白

腰痛

腰痛にもヘルニア・脊椎症・ギックリ腰・骨粗しょう症など様々ございます。
以下に一部中医学的な症状分類について記述致します。ご参考下さい。

[弁証分型]

1、風寒腰痛
急激な腰痛、ひきつれる感覚、発熱、悪寒、頭痛、関節痛、温めると軽減

2、風寒湿の腰痛
急激または慢性的に生じる腰痛、尾てい骨や下肢の痛みを伴うことが多い、天候の悪化により症状も悪化しやすい、
温めると症状改善することが多い、慢性化すると痺れを伴うことが多い、腰部ヘルニアなどで生じやすい

3、腎虚腰痛
痛みが長期間、休息により痛みが軽減、疲労により悪化、息切れ、腰膝無力、インポテンツ、歯の動揺、脱毛、耳鳴り
踵の痛み、冷えまたはほてりを生じることもある

4、血オの腰痛
外傷による腰痛、腰部運動障害、動作により痛みが増強、内出血やギックリ腰など

肩痛

肩痛には五十肩や神経痛など様々ございます。
以下に一部中医学的分類記述いたしました。ご参考下さい。

1、風寒肩痛
軽度の痛み、経過は短いことが多い、運動障害までは伴わないことが多い、肩のみではなく肩周辺に痛みがあることが多い
冷えると悪化し温めると痛みが軽減する

2、痰湿肩痛
肩と周辺に強い頭痛、特に筋肉の痛み、経過は長い、経過が長くなると運動障害を生じる、冷えや悪天候などで悪化、
経過が長くなると、体力低下(気虚)により疲れ、息切れ、易感冒などの症状を生じる、俗に言う五十肩もこれに相当する

3、血オ肩痛
捻挫などの外傷によるものと慢性的に出現するものがある、その症状により対処は異なる

手足の関節痛

手足の関節痛は中医学では四肢疼痛といいます。
以下に中医学的症状分類を記述致します。ご参考下さい。

[弁証分型]

1、風邪阻滞の手足関節痛
遊走性・移動性の痛み、腕肘膝などに出やすい、悪寒発熱などの症状を伴うことがある

2、寒邪阻滞の手足関節痛
四肢関節の冷えと固定した痛み、寒冷で悪化、温めると軽減、寒がり手足が冷える、

3、湿邪阻滞の手足関節痛
重だるい関節の痛み、固定性でしびれることもある、慢性化すると筋肉が硬化し関節が動かなくなる、

4、熱邪阻滞の手足関節痛
四肢の関節の痛み・腫れ・熱感がある、発熱、口渇、など

5、湿熱の手足関節痛
関節の発赤・腫れ・重だるさ、尿が濃い、舌苔黄色

6、気血両虚の手足関節痛
疲労による関節痛、筋肉がやせる、顔面蒼白、息切れ、めまい、汗が出やすい、など血オや痰湿を伴うときは固定性の痛みを生じる。

7、肝腎両虚の手足関節痛
筋肉関節の弛緩または縮みがある、腰膝が無力、聴力減退、脱毛、歯の動揺、インポテンツ、遺精、冷えまたは火照りを伴うことがある。

膝痛

以下に一部中医学的症状分類を記述致します。ご参考下さい。

[弁証分型]

1、気血両虚の膝痛
膝の痛み、四肢無力、顔面黄色、頭のふらつき、動悸、息切れ、疲れなど

2、肝腎両虚の膝痛
両膝の痛みとだるさ、下肢がやせる、歩行がおぼつかない、元気がない、腰がだるく痛むなど

3、湿熱の膝痛
両膝の痛みと浮腫み、膝の熱感、尿濃、便が初め硬く後軟らかい、など

4、寒湿の膝痛
両膝の強い痛みと浮腫み、歩行困難、顔色が白いなど

5、熱毒の膝痛
膝の腫れと発赤、激痛、屈伸できない、身体の熱感、イライラ、口渇、尿濃い、便秘など

6、湿毒の膝痛
膝の重いいたみ、頭重、身体も重だるい、吐き気、嘔吐、軟便、腹部膨満など

これらは症状の一部です。これら以外の症状の方もご相談下さい。