ご相談できる病気

当店の中医学における病気に対する考え方

四診と言われる独特の方法で、体の状態、環境、季節、精神などを考慮していきます。

それに加えお客様の体質・状態を鍼灸・中医学的考察を基にした独特の方法にてパソコンで分析し、プリントアウトしたデータから食養生・漢方薬ご服用についてお客様にご説明いたしましてお渡しいたしております。

ご興味のある方はメール・お電話にてお尋ねいただければと思います。

西洋医学での病名は参考にしますが、“病名に対してこのお薬”というようなことは少ないです。
これは対処療法となりますが、中医学では標治(ひょうち)と本治(ほんち)という方法で進めていきます。
標治は対処療法です。本治は体質を改善していき、病気になりにくい体をつくる体質改善の方法となります。
この考え方が、西洋医学との違いとなります。

<一吉漢方薬局の病気や症状に対する対応>

中医学理論は投薬(漢方薬など)と鍼灸(経絡経穴)の両方を用いることが重要で、これに準じた方法で対応いたします。

薬剤師と鍼灸師の資格と知識を生かして以下を実践してまいります。

1:中医学理論を基本とした四診(望診・聞診・問診・切診)

  • 望診(ぼうしん) 外観からの症状判断
  • 聞診(ぶんしん) 臭いと体内から発する音(お腹のなる音)などによる症状判断
  • 切診(せっしん) 薬局内ではできませんが、お腹や脈などから症状判断
  • 問診(もんしん) 質問と回答による症状判断

最も重要であることは信頼していただくことです。 そのためにご納得いただくご説明を尽くしております。
お一人当たり最低30分、長ければ約2時間の相談時間となります。

症状の変化など、ご連絡いただきましたら、すぐにアドバイス対応いたします。
皆様にご安心いただけるよう、日々努力いたします。

至らないことなどございましたらご指摘いただければと思います。よろしくお願いいたします。

お客様ご本人でも、お灸や留め鍼ができますように、行う時間、経穴(ツボ)などをアドバイスいたします。
効果のほどをご実感いただければと思います。
下記の症状につきましては漢方的なご相談をなされたい場合はご連絡、メールをいただければと思います。
又、これら以外の症状についてのご相談もご連絡、メールいただければと思います。

症状別分類(中医学的な体調病状の分類を一部記述いたしました。ご参考ください)

季節ごとの活動・養生と生じやすい病

≪春に生じやすい病≫

○花粉症

≪夏に生じやすい病≫

○夏バテ

≪秋に生じやすい病≫

○喘息
○風邪・アレルギー・鼻炎
○咳
○皮膚の乾燥

≪秋・冬に生じやすい病≫

○夜間頻尿・膀胱炎などの小水異常
○関節痛・リウマチ痛
○便秘と冷え

4つの季節の間に土用がございます。一般的に4月17日から5月5日・7月20日から8月7日・10月21日から11月7日
11月8日から1月16日です。(北海道は本州に比べ土用が少し遅れてくると考えられます。)

この時期には湿度が高くなることが多いというこが多いです。北海道は本州に比べて湿度が低いため本州ほどではないにせよ影響はございます。

この時期には良く出る症状として関節の腫れ痛み浮腫み、胃腸の症状(下痢・重だるいなど)、めまいなどの症状が生じやすくなります。また自律神経の症状も乱れることもございます。特に今年のゴールデンウィークは低気圧の影響もあり自律神経のバランスを崩される方が多いと思われます。

今年のように冷えが強いと「寒湿」という精神的にも肉体的にも働きを減退させる邪が氾濫いたします。
自律神経の調整がうまくいきにくい方、胃腸の弱い方、関節や腰の痛い方、頭痛のある方などは体内を温めて代謝を停滞させないことが必要です。

  • ・ある程度天候が良くなるまでは「土」をあまり触らないようにする。
  • ・お刺身などの生物を減らし火の通ったものを食する。飲み物は温かいものを服飲する。(必要量のみ摂取する)
  • ・服装も素肌をなるべく出さないようにする。
  • ・湿度の調整を行う。

この日常の注意で症状が緩和されやすくなります。この時期に何らかの不調を訴えられる方は、生命力を上げたりや消化器の状態を浴する漢方薬により早く不調を脱したり、日頃からの服用によりこれら季節の変わり目の不調を減らしたり、なくしたりすることが可能です。
土用に不調症状の生じる方はぜひご相談下さい。

3月頃からアレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎が悪化しやすい状況にあります。
今年以降中国からのPM2.5などの有毒な大気汚染物質が北海道にも飛来している情報が流れております。
花粉・黄砂などもこれから増えてまいります。
アレルギー性鼻炎・結膜炎などでお困りの方はご相談いただければと思います。
眠くならない漢方療法でアレルギーを軽減させ、体質改善されるようにお勧めいたします。

お客様の体質・状態を鍼灸・中医学的考察を基にした独特の方法にてパソコンで分析しプリントアウトしたデータから食養生・漢方薬ご服用についてお客様にご説明いたしましてお渡しいたしております。
ご興味のある方はぜひメール・ご連絡いただければと思います。

アレルギーについて

現代はストレスとアレルギーの時代であるといえます。
急激な環境変化・人間関係・食生活の変化など様々な要因により、アトピー性皮膚炎・喘息・蕁麻疹・脱毛・鼻炎花粉症など例を挙げると大変な数のアレルギー疾患が蔓延いたしております。

その中でも最も大きな原因の一つが、やはり「食」です。
ファーストフードなどのジャンクフード、防腐剤の多く混入したお菓子など、大人のみならず子供への影響の多い食品が世の中には多いです。

我々は1年間に食品添加物(有害といわれるもの)を約7~10kg食事から摂取しております。
これが、アレルギーだけではなく、癌などの成人病につながることは多くの科学者が指摘しております。

昔と違い農薬を使用した野菜・早く成長させるため化学薬品を混入した餌を食べた家畜・工場や悪い環境に侵された水。これらを取り入れている我々の身体に、病気が生じないことの方が不思議かもしれません。

ではどのようにすれば、アレルギー体質の改善・防止に繋がるのでしょうか?
「良い食事をする」これに尽きるといえます。

ストレス・人間関係・自然環境などお身体を悪くする要因はございますが、「食生活」が正しければ、病気になっても、少量の漢方薬・サプリメントなどや鍼灸療法でお体はすぐに良い状態を取り戻すことができます。

良い食事について記述していきたいと思います。

さらに中医学的「腎」を冬に上昇させることが、アレルギー症状に強くなるお体を作るポイントとなります。

お客様の体質・状態を鍼灸・中医学的考察を基にした独特の方法にてパソコンで分析しプリントアウトしたデータから食養生・漢方薬ご服用についてお客様にご説明いたしましてお渡しいたしております。
ご興味のあるお客様はぜひご連絡・メールなどお問い合わせいただければと思います。

良い食事とは

良い食事とは、どのようなものでしょうか?
私の考えでは、「自然においしいもの」が良い食事につながるものであると考えます。

無農薬のトマトや野菜はとても甘いです。小さくても栄養が豊富で、現在の形だけ大きく、20年前に比べ栄養価が十分の一しかない野菜とはまるで違うものです。

しかし、このような無農薬の野菜は、高価であるためほとんど継続することは不可能です。
これは肉類についても当てはまります。

現在市場に出ている食品から、なるべく、農薬や添加物がなくなるように、加工していく必要があります。
農薬は強酸性なので、アルカリのもので中和することで、その毒性を軽減することができます。
また食品添加物の多くは、火を使う調理方法などで軽減することができます。

しかしこれだけではやはりどうしても摂取できないものがあります。
それは「植物酵素」です。生野菜に含まれる酵素だけは無農薬(ほとんど農薬を使用しない)な野菜でしか摂取できません

お客様の体質・状態を鍼灸・中医学的考察を基にした独特の方法にてパソコンで分析し
プリントアウトしたデータから食養生・漢方薬ご服用についてお客様にご説明いたしましてお渡しいたしております。
ご興味のあるお客様はぜひご連絡・メールなどお問い合わせいただければと思います。

現代の生活習慣による(癌・糖尿病・高コレストロール・尿酸異常)などの症状

  • ○癌
  • ○糖尿病
  • ○高コレステロール(高血圧)
  • ○尿酸異常

肥満の危険について(体に負担のないダイエット美容のすすめ)

動物と漢方薬・経路治療

不妊症について

四診と言われる独特の方法で、体の状態、環境、季節、精神などを考慮していきます。
それに加えお客様の体質・状態を鍼灸・中医学的考察を基にした独特の方法にてパソコンで分析しプリントアウトしたデータから食養生・漢方薬ご服用についてお客様にご説明いたしましてお渡しいたしております。

西洋医学での病名は参考にしますが、“病名に対してこのお薬”というようなことは少ないです。
これは対処療法となりますが、中医学では標治(ひょうち)と本治(ほんち)という方法で進めていきます。
標治は対処療法です。本治は体質を改善していき、病気になりにくい体をつくる体質改善の方法となります。
この考え方が、西洋医学との違いとなります。

<一吉漢方薬局の不妊症状に対する対応>

中医学理論は投薬(漢方薬など)と鍼灸(経絡経穴)の両方を用いることが重要でこれに準じた方法で対応いたします。薬剤師と鍼灸師の資格と知識を生かして以下を実践してまいります。

1:中医学理論を基本とした四診(望診・聞診・問診・切診)

  • 望診(ぼうしん) 外観からの症状判断
  • 聞診(ぶんしん) 臭いと体内から発する音(お腹のなる音)などによる症状判断
  • 切診(せっしん) 薬局内ではできませんが、お腹や脈などから症状判断
  • 問診(もんしん) 質問と回答による症状判断

以上からこれまでの日常生活(お食事や運動なども含めて)分析し、お体のどの部分に不調が存在するのかを確認します
これは不妊症だけではなく、全てのご相談に対して行います。

月経・排卵(低温期・高温期)を中心にお体の不調な部分にアプローチいたします。これには周期療法を用います。
婦人科だけが原因でないこともございます。婦人科とは関連ないと考えられることでも関与していることがございます。
その部分も考慮いたします。

季節について

春:活動力が上がりやすい季節です。北海道では本州に比べて春が遅く来ると考慮し、これに合わせて肝気を流暢にし、身体の活動が一気に上がり過ぎないように、調整いたします。イライラしやすい・月経前症候群などのございます方は、
この時期に体調・基礎体温が乱れやすくなることもございます。「春の不調は気の病」

夏:生命の活動力が最も高くなり、少しくらい身体が冷えても、太陽からの陽気・大地からの気の影響で、基礎体温が上昇・安定しやすくご懐妊するには基礎体温が安定しやすい季節です。高温期が上がり過ぎないように調整し、排卵する生命エネルギーをコントロールすることが大切です。夏は過剰なエネルギーと湿気に注意

秋:生命の活動力が減退いたします。さらに天からの気と大地からの気も夏に比べて減退いたします。急激な基礎体温の低調が見られることもあり注意が必要です。乾燥が強くなるために、肺が弱くなり、体力・抵抗力が減退することもございます。この時期からは肺機能を上昇させ、基礎体温が下がらないように考慮していく必要がございます。
秋は冬に備えるため、生命エネルギーの高まる食事と漢方を

冬:太陽の気・大地の気が低調になり、人体の陽気も下がります。最も大切なことは、特別な事情のないかぎり、御身体を冷やさないことです。過剰な活動を控え、体内エネルギーを蓄積させる必要がございます。
お体を温め、生命エネルギーを上昇させる漢方薬・経穴療法を用います。
「冬は静動」

当店でご懐妊される方の多くは、およそ3~6月が多いです。これは冬の過ごし方がいかに大切であるかの実践となります。
長い年月で考慮した時、個人の方が肝の体質であれば、うまく肝気をコントロールしやすい年に当たると、
ご懐妊しやすくなることも六運運気の流れでは考えられております。

当店での不妊症周期療法のポイント

  • 1:お体の五臓六腑(肝・心・脾・肺・腎・心包・胆・小腸・胃・膀胱・大腸・三焦)の弱い部分を特定する
  • 2:気・血・津液・精の不足部分、血オ・水滞・気滞・痰などの異常を特定する
  • 3:総合的に漢方薬・健康食品・経穴指導などを判断する

現在は冬、個人の体質を加味し、生命エネルギーを高める漢方薬・経穴をアドバイスしていくことが冬の方法となります。
体質により、漢方薬は異なります。
冬は女性のお体にとって最も重要な季節です。冬に「腎」をケアすることは周期療法に重要です。

四診に加えお客様の体質・状態を鍼灸・中医学的考察を基にした独特の方法にてパソコンで分析しプリントアウトしたデータから食養生・漢方薬ご服用についてお客様にご説明いたしましてお渡しいたしております。
ご興味のあるお客様はぜひご連絡・メールなどお問い合わせいただければと思います。
よろしくお願いいたします。