癌の腹水・肺水・浮腫みなどの漢方対応

お客様からのご相談の多い腹水などについての対応について記述いたします。

西洋医学では外部から腹水などを抜く方法が一般的です。利尿剤などを使用することもございます。

しかしこれらを何度も行うことは体力などの問題もあり難しいことが多いです。

そこで体質に応じた漢方薬を用いて体力に配慮しながら腹水肺水浮腫みなどを除いていきます。

肝臓癌や腹膜などの癌が長期化すると腹水が貯まりやすくなることがよくございます。

これらを患者様の体質に合わせて煎じ薬をお作りしたり形状(粉・錠剤)のご希望がございましたら

ご希望に沿う形にてご対応いたします。

お悩みの方などぜひご相談いただければと思います。

お電話メールなどご連絡お待ちいたしております。